中耳炎はどんな病気ですか?

耳と鼻は、奥でつながっています。耳を外から見ると、一番奥に鼓膜があります。鼓膜の奥は部屋があります。この部屋を中耳といい、ここにうみがたまるのが中耳炎です。

中耳炎は誰にでも起こる可能性のある病気ですが、シアリスとくに赤ちゃんや子供に起こりやすく、5~6歳までに8割程度がかかるともいわれます。

中耳炎には、急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性中耳炎の3つの種類があります。中耳炎というと多くは急性の中耳炎です。耳痛や発熱、鼓膜の腫れ、耳漏、難聴などの症状が起こります。

なぜ中耳炎になりますか?菌が、鼻から耳に入ってくるからです。菌は、耳の外からではなく、鼻の奥から入ってきます。カゼなどがきっかけで増えた菌が、耳へ入って中耳炎を起こします。鼻水が出るたびに、中耳炎になる子も多いです。

1歳までに、ほとんどみんな、一度は中耳炎になります。シアリス小学校に入るまでは、カゼをひくたびにかかるというくらい、しょっちゅう中耳炎になります。しかし、10歳を過ぎるとあまりならなくなります。

急性中耳炎と滲出性中耳炎は基本的には自然軽快が期待できます。抗生物質の投与は不要ですが、アレルギー性鼻炎を伴う場合には治癒が遅れるため、抗アレルギー薬が使われます。慢性中耳炎であれば、手術が必要です。放置しない限り、基本的には死亡することはないから、心配しないでください!